sam
目次

SAMについて

トップ > SAMについて

SAMとは

フレデリック・ウィンズロー・テイラー(1856~1915)

 SAM(Society for Advancement of Management)は、「科学的管理法の父」として著名なF.W.テイラーの独創的原理を普及するために1912年に設立された「テイラー協会」を源流とする世界で最も由緒あるマネジメント研究団体であります。

 SAM日本チャプターは、SAMで初めての海外チャプターとして1925年に設立され、戦前戦後の動乱期にも科学的管理法に基づく経営を研究する有力な団体としての長い歴史を有しています。

 現在は東京、名古屋、大阪に支部を置き、毎年全国で40回を超える例会(研究会)を開催して、会員や外部講師の講演会、会員相互の情報交換、ならびに年次大会の開催などを活発に行っています。

 一段と加速する情報化社会において、国際的活動に有用なマネジメントとそのダイナミックな様相を追求するために、私たちは異なる分野の多くの方々と交流して一層の相互啓発を行い社会に貢献したいと考えています。

 SAMの理念および活動にご理解とご賛同を頂ける方々のご参加を、会員一同は心より歓迎いたします。

(SAM日本チャプター会長 牧野 克則)

 

 

SAMの歴史

1912 テイラー、「管理科学促進協会」を設立
1915テイラーの死後、テイラーを永遠に記念するため「テイラー協会」に改称
1925上野陽一、海外支部第一号となる「テイラー協会日本支部」を設立
1929上野陽一、日本支部代表として第4回科学的管理国際委員会(パリ)に参加
1930テイラー協会日本支部、米国テイラーアメリカ産業視察を実施
1936テイラー協会(米国)、「産業技師協会」と統合し、「経営管理促進協会=SAM」に名称変更
1949「SAM日本支部」に名称変更
1960
 
 
(社)中部産業連盟(以下、中産連)による第1回欧米経営管理調査視察団、SAM国際本部を訪問。帰国後、中産連が「SAM日本チャプター」事務局の引き受けを決定し、SAM本部に設立の申し入れを行う。
1961「SAM日本チャプター」設立申請が受理され、契約書に調印
「SAM日本チャプター設立準備委員会」設置
1962
 
「SAM日本チャプター」設立
設立総会及び発会式を名古屋で開催
1984事務局を産業能率大学に移管
2005「SAM日本チャプター」創立80周年大会を名古屋で開催
2015「SAM日本チャプター」創立90周年大会を名古屋で開催