logotype

Society for Advancement of Management

border

国際賞受賞者スピーチ

「The Gilbreth Medal Award」受賞 高仲 顕氏

2004年3月20日、米国ボルチモアのルネッサンス・ハーバーホテルで開催された、SAM国際年次大会において、名古屋支部会員で潟梶[ム中産連 相談役の高仲 顕先生に2004年度のThe Gilbreth Medal Award(ギルブレス賞)が授与されました。
日本では元三菱電機専務取締役でSAM日本チャプター会長を勤められた八巻直躬氏が1992年に受賞したのに次いで二人目の栄誉となります。
The Gilbreth Medal Award(ギルブレス賞)とは、Motion StudyおよびMotion Economyの先駆者であるGilbreth夫妻を記念して、Motion Studyの分野で顕著な功績を上げ、生産性の向上に寄与した経営者や研究者に授与される賞です。今回の受賞は、高仲先生が世界各地における科学的管理技術の向上と普及・教育に多大な貢献をされたとして授与されたものです。
授与式は、国際本部にて3月18日〜21日にわたり開催された第92回SAM2004年度国際大会の記念晩餐会の席上で行われ、日本チャプター会長で国際本部理事でもある、小林薫会長が代理受理されました。
高仲先生には、米国から帰国間もない3月26日に「高仲顕先生のギルブレス賞受賞を祝う会」で小林会長より、記念の楯と記念品が手渡されました。また、主催した名古屋支部一同からもお祝いの品が贈呈されました。
贈呈後、高仲先生からは学生会員だった当時の思い出や日本支部創設の頃の苦労話など懐かしいお話を交えながら受賞の喜びが述べられ、参加した牧野克則支部長以下、参加者からは一人ひとりお祝いの言葉をお贈りし受賞の喜びを分かち合いました。


イメージ

ギルブレス賞を受賞して

SAM名古屋支部
高仲 顕

まさに青天の霹靂! 会長、役員、事務局の皆様方の御高配でギルブレス賞を頂いた。

私はまだ占領下の51年にPardue大学へ行ってマンデル博士に師事した。キャンパス内にはギルブレス記念館があり、アーカイバスになっていたので、リリアン夫人も度々来校され、ファカルテーセミナーで親しく指導して頂いた。当時私はSAMの学生会員だったが、多彩な行事で、授業より実務上役に立ったように思う。

あれから50年、いまだにGilbrethの考案したTherbligに拮抗できるAkanakatは未完だし、『ダースなら安くなる』のご夫妻に競って12人の子供を作るなど論外である。

マンデルさんは63年にギルブレス賞を授与されているが、『40年たってやっと追いつきましたネ』などと言ったら、Objective RatingやClass of changesなど数々の業績を残した恩師からギロリとにらまれそうだ。賞に押しつぶされぬ様願うばかりである。

▼記念の盾

日本チャプター会長あいさつ

日本チャプター会長あいさつ

国際本部会長あいさつ

国際本部会長あいさつ

SAMとは

SAMの使命
SAMとは何か?
役員一覧
SAMの歴史

定款・規約

規約

栄誉ある六つの国際賞

六つの国際賞とは
国際賞受賞者

日本チャプター顕彰

日本チャプター顕彰とは
日本チャプター顕彰受賞者
イメージ bottom