logotype

Society for Advancement of Management

border

日本チャプター顕彰受賞者

SAM日本チャプター顕彰を受賞して

SAM日本チャプター 元常任顧問
家辺 壮之助

このたび、SAM日本支部から顕賞を頂き大変光栄に存じています。賞杯に「In Appreciation of Your Outstanding Contributions Over Many Years」と記されているのを見て、過分のお誉めの言葉に恐縮しております。
私が、最初にSAMの存在を知ったのは、野田信夫先生が、「テイラー・キイ賞」を受賞された時でした。
当時(1968年)、新日本製鉄副社長藤井丙午氏が司会で、経団連会館で盛大な祝賀会が行われ、経団連会長石坂泰三氏他多数の出席者が集まったのを覚えています。「テイラー・キイ賞」は「経営者のノーベル賞」ともいうべき偉大な賞で、SAMから授与されたものであることを知りました。
その後間もなく私はSAMに入会を許可され、早くも30年近くになりました。メンバーには日本の経済界のリーダーたちが一堂に会して、侃々諤々の論を展開し、毎月の例会への出席が本当に刺激的で楽しみでありました。
SAM日本支部は、上野陽一先生のテイラー協会がルーツとなり、現在の組織になったものですが、テイラー理論の発展型である科学的管理法を基礎として、経営学の中枢理論の場として確立されていると思います。
我が国の戦後の経済発展が、TQC、IE、VE、QCなどテイラーシステムの実践を通して徹底されていったと言っても過言ではないでしょう。
テイラー・キイ賞も、その後、西野嘉一郎、上野一郎、加藤巳一郎、松田武彦、重長信雄の諸先生が受賞されたのも、我々が誇りたいところであります。
最近、諸先生が次々に物故され、大変淋しく思っておりますが、渋谷会長を先頭に、21世紀を迎えて、積極的に活躍されているを見て、頼もしく思っております。
特に、SAM国際本部との連携では、近来になく充実してきたことは喜ばしいことです。また「東アジア経営フォーラム」の支援をしているのもグローバリゼーションの今日、大切なことであると思います。
私は、最近体調がくずれ、リハビリ中で例会には欠席が多く、申し訳なく思っておりますが、回復に専念して、少しでもSAMのお役に立ちたいと念願しております。

日本チャプター会長あいさつ

日本チャプター会長あいさつ

国際本部会長あいさつ

国際本部会長あいさつ

SAMとは

SAMの使命
SAMとは何か?
役員一覧
SAMの歴史

定款・規約

規約

栄誉ある六つの国際賞

六つの国際賞とは
国際賞受賞者

日本チャプター顕彰

日本チャプター顕彰
イメージ bottom