logotype

Society for Advancement of Management

border

日本チャプター顕彰受賞者

SAM日本チャプター顕彰を受賞して

副会長・名古屋支部長
牧野克則

このたびの2006年度SAM総会にて、昨年7月21日に名古屋にて開催されました創立80周年記念大会の実行委員長として、SAM日本チャプター顕彰を受賞し、会員の皆様に厚くお礼申し上げます。
この受賞ができましたのは、ひとえに小林薫会長のご指導のもと、立石信雄名誉会長、上野一郎常任顧問の皆様をはじめとして、各支部長、会員の皆様方のご支援ご協力の賜であり、心より感謝申し上げます。
また、産業能率大学のSAM本部事務局と中部産業連盟の名古屋支部事務局の皆様には、打ち合わせから、当日の受け付けまですばらしい準備をしていただき、大会の裏方としてご活躍頂き、感謝申し上げます。

大会では、SAM日本チャプター会員のトヨタ自動車名誉会長の豊田章一郎様にご講演頂き、愛・地球博の事例を挙げながら、大変分かりやすく21世紀の地球環境のあるべき姿について勉強できたと思います。
また冒頭で、「私には、経営哲学は無いのです」とお話しされましたが、長年会社で品質管理に携わってこられたことをお話され、「日本企業はもう一度世界の模範となるような品質を作るために努力をする必要があり、心を入れ替えてもっと頑張らなくてはいけない」と提言されています。
これからの企業の価値は、今以上に品質・技術で評価される時代になり、切磋琢磨しなければならないことを教えていただけたと大変感銘を受けました。もの作りの中部で世界のトヨタ自動車を育てられた経営者のお言葉として、常に危機意識を持ち、何事にもチャレンジしていく経営哲学も教えていただきました。
同時に、現在のマネジメントは、技術力や品質に大きく左右され、21世紀の企業経営において、もの作りの大切さと、地球にやさしい企業が勝ち残っていくことの原則をも教えていただいたと思います。
最後に名古屋支部副支部長の竹村亞希子さんに楽しい司会をお願いし、また多くのビジターをご紹介頂き、講演会、そして懇親会が大成功に終わりましたこと、厚くお礼申し上げます。

今後も、100周年に向けて益々SAMが発展することを期待し、お礼のご挨拶とさせて頂きます。

日本チャプター会長あいさつ

日本チャプター会長あいさつ

国際本部会長あいさつ

国際本部会長あいさつ

SAMとは

SAMの使命
SAMとは何か?
役員一覧
SAMの歴史

定款・規約

規約

栄誉ある六つの国際賞

六つの国際賞とは
国際賞受賞者

日本チャプター顕彰

日本チャプター顕彰
イメージ bottom